耳管ピン手術実施医制度

難治性耳管開放症に対する外科的治療「耳管ピン手術」が、2020年12月1日に保険適用となりました。本治療は、本学会で認定された医師・施設において行われなければならないと規定され(保医発1130-3)、本学会では耳管ピン手術実施医認定制度を立ち上げました。

耳管ピン手術実施医の認定について

これから耳管ピン手術を行おうとする医師は、本学会の定める耳管ピン手術実施医認定講習会を受講したのち、施設見学を経て、実施医認定申請をしてください。

  1. 耳管ピン手術実施医認定講習会申し込み
  2. 受講者選定通知
  3. 講習会受講
  4. 手術実施施設見学
  5. 認定申請
  6. 認定証発行

実施医資格要件、講習会の実施予定、申し込み手続きについては会員専用ページをご確認ください。認定制度が整うまでの間、本学会より承認された先行実施医が先行的に耳管ピン手術を実施しています。